コリン性蕁麻疹の症状を完治させた治し方(※私の実際の体験談です)

コリン性蕁麻疹

このサイトでは、私がコリン性蕁麻疹を完治するまでの経緯と、私が考える「完治にベストな治し方」を解説したいと思います。

 

今、コリン性蕁麻疹で悩んでいる方にとって、少しでも参考になればと思います。

 

ちなみに私は、現在30代の男性ですが、コリン性蕁麻疹を発症したのは20代前半で、症状が出ていたのは約7年程です。

 

完治してからはもう5年程たちますが、現在では症状はほぼ出ていません。

 

※たまに体調を崩した時に、痒みが出ることはありますが、頻度としては2ヶ月に1度くらいで、痒みの程度も非常に軽いものです。

 

これからお伝えする私の体験談は、あくまでも私の個人的なものですが、実際に約7年苦しんだコリン性蕁麻疹の症状が半年程で改善されたので、今悩んでいる方には役に立つ内容かと思います。

 

ちなみに、私の体験談を飛ばして、治し方から読みたい方は、以下をクリックすれば移動できます。

 

>>すぐに治し方を確認する<<

 

コリン性蕁麻疹の発症(20代前半)

コリン性蕁麻疹

私の場合は、最初は大学生の時に症状が出始めました。

 

初めは、緊張した時や運動した時などに、ふと全身が痒いことがあるくらいの、軽度な症状からスタートしました。

 

それが、時間をかけてだんだんエスカレートしていったという感じでした。

 

特に、
・寒い場所から暖かい場所へ移動したとき
・運動後
・入浴時
など、血行がよくなった時に、体中が痒くなるという感じの症状でした。

 

痒みが出ているのは一時的なので、その時間を我慢したり、体を冷やしたりすれば痒みが収まりますが、症状が出ている時は全身に我慢できないほどの痒みなので、本当に苦しくて大変でした。

 

特に、社会人になってから、会議中などに出てしまうとかなり大変で。。。

 

普通の会社勤めはできないのではないかと、真剣に退職も考えるレベルでした。

 

コリン性蕁麻疹の治療の経緯

コリン性蕁麻疹

私の場合、コリン性蕁麻疹の治療は、皮膚科で処方された薬を飲むのが基本でした。

 

最初に処方されたのは10年以上前のことなので、正確に覚えていないのですが、確かクラリチンからスタートしたかと思います。

 

あまり眠気のこない軽度の薬と言われ、処方されました。

 

ただ、クラリチンを飲んでいても症状は悪化していったため、次にタリオン、アレジオン、ジルテック、アレロックという感じの流れで、どんどん強い薬に変わっていきました。

 

当時、医者からは、「この症状は7年くらい薬を飲み続けないと治らない」と言われ、ショックを受けた記憶があります。

 

※今思えば、実際はそんなことないんですけどね。。。

 

こういった抗ヒスタミン薬を飲んでいる方は分かると思うのですが、とにかく眠気が強くて大変でした。

 

私の場合、仕事中に良く居眠りをしてしまうことがありましたが、薬を飲んでいることを知らない人から、いつも呆れた目で見られていました。。。

 

でも、そういうことが何年も続くと、自分でもこの眠気が薬の副作用なのか、自分の心の弱さなのか分からなくなってきて、ちょっと精神的にもヤバイ状態でした(苦笑)

 

漢方を処方してもらう

コリン性蕁麻疹

「このままでは埒が明かない」と思い、ワラにもすがる思いで漢方薬で有名な病院にも行ってみました。

 

ただ、そこでも結局、「原因はよく分からないですね…」と言われ、蕁麻疹全般に効果のある漢方を、一応は処方してもらいました。

 

結局、飲んでもあまり効果を実感できず、漢方薬はそれで終わってしまったので、薬の名前は覚えていません。

 

民間療法を取り入れてみる

コリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹でお悩みの方なら分かるかもしれませんが、症状が何年も続くと、だんだん医者とか病院の言うことも信頼できなくなってくるんですよね。

 

不信とまでは行きませんが、あまり期待できなくなってくる感じです。

 

しかも、周囲に相談しても、そこまで苦しい症状とは思ってもらえなかったり、「え?コリン星って、ゆうこりん?」なんてからかわれることすらありました。

 

そうなってくると、信頼できるのは「同じ症状で苦しんでいる人たち」です。

 

私もとにかくネットで症状や治し方などを調べるのが、いつしか日課になっていました。

 

そこで、同じように悩んでいる人が「効果があった」と言っているものを、いくつか試してみました。

 

例えば、

 

・あえて毎日運動して症状を出し切る
・熱い風呂に長時間入る

 

などですね。

 

コリン性蕁麻疹は、急に血行が良くなると痒みが全身に周りますが、しばらく我慢すれば症状がやわらぎます。

 

なので、あえてその症状を出し切ってしまうというイメージの民間療法でした。

 

ただ、熱い風呂の方は私はダメでした。

 

蕁麻疹の症状がすごく酷くなってしまって、「もうやめておこう」と判断しました(苦笑)

 

運動(ジョギング)はその場しのぎにななったかな…

運動のほうは、毎日ジョギングをしたんですが、これは確かに効果を感じました。

 

ジョギングするとすぐに痒みが出てしまうんですが、毎日続けていると、だんだん体が慣れてくるんですね。

 

最終的には、私は朝と夜に毎日ジョギングをするようになってました。

 

ただし、結局はこれもその場限りに過ぎず、根本的な解決にはなりませんでした。

 

ジョギングを休む日があったりすると、また元に戻ってしまって、結局ダメだなーと感じました。。。

 

コリン性蕁麻疹の完治へのきっかけ(海外出張)

コリン性蕁麻疹

私のコリン性蕁麻疹が完治したきっかけになったのが、海外出張で韓国へ行ったことでした。

 

貿易系の会社なので、海外へは何度か出張していましたが、1ヶ月というのは初めてでした。

 

ただ、その韓国での1ヶ月の期間で、実はコリン性蕁麻疹の症状がかなり軽くなったんです。

 

おそらく、以下のようなことが効果的だったのではないかと、今になって感じています。

 

・ひたすらキムチをたくさん食べた
・その結果、慢性的な便秘が改善して、便通がかなり良くなった
・日本にいる時よりだいぶ睡眠時間を取れた
・日本にいる時よりだいぶストレスが少なかった

 

…という感じで、韓国に出張している1ヶ月間は、「便秘・睡眠・ストレス」の3つが大幅に改善されました。

 

その結果、コリン性蕁麻疹の症状が目に見えて軽くなったんです。

 

私が考えるコリン性蕁麻疹の原因と治し方

コリン性蕁麻疹

海外出張での経験をきっかけに、日本でも韓国にいた時と同じような環境を作れるように、心がけてみました。

 

ちなみに、症状が軽くなったのを機に、日本へ帰国するタイミングで、抗ヒスタミン薬は止めてみることみしました。

 

その結果、それから半年くらいでコリン性蕁麻疹は完治し、それから5年程たつ今も、ほぼ症状はでていません。

 

その時にやったこと(=私が今も継続していることでもあります)を紹介しますので、ぜひ試してみてもらえればと思います。

 

まず、私が考える「コリン性蕁麻疹の原因」ですが、

1.便秘(腸内環境が悪い)
2.睡眠不足
3.ストレス

の3つが大きなウェイトを占めていると感じています。

 

もちろん、他にも原因はあるかもしれません。

 

ただ、私の場合は、上記の3つを改善することで、コリン性蕁麻疹の症状は良くなりました。

 

では、1つずつ具体的に説明しますね。

 

便秘の改善(腸内環境の改善)

 

コリン性蕁麻疹

おそらく、私のコリン性蕁麻疹が完治した1番のきっかけとなったのが、便秘の改善だったのではないかと思います。

 

なので、今でも便秘の期間が長く続くことがあると、少しだけ痒みが出てくる時があります。

 

…といっても、冒頭にお話したように2ヶ月に1回程度、軽い症状ですが。

 

便秘になることによって、毒素が体の中にたまり、それが蕁麻疹の原因になってしまっているという感じがします。

 

私の場合、偶然ではありますが、韓国でキムチを食べまくって便秘改善されたことが、良い結果につながりました。

 

元々、3日出ないのも良くあるくらい便秘体質だったのですが、韓国では毎日2回はトイレに行っていました。

 

ただ、日本に帰ってきてからはキムチは食べていません。

 

…というのも、日本のキムチを食べても、あまり便通が良くならなかったんですね。
多分、作り方とか成分とかが違うんでしょうね。

 

なので、その代わりに、便通を改善するためのお茶を飲むようになりました。

 

いろいろ試した結果、モリモリスリムというお茶が非常に効果的でした。

 

他にも試してみたんですが、毎日飲んでも慣れずにちゃんと便通があるのが、モリモリスリムだけでした。

 

今でもほぼ毎日欠かさず飲んでいて、モリモリスリムを飲み始めてからは、もう7〜8年くらいになるかと思います。

 

コリン性蕁麻疹

 

ちなみに、モリモリスリムは1袋で1杯のお茶を作って飲むんですが、飲む量はその半分でも大丈夫です。

 

私は夕食後に半分だけ飲んで、残りの半分は冷蔵庫に入れて、次の日に飲んでいます。

 

そのほうが2倍長く飲めてコスパもいいですし、半分でも便通は十分良くなります。

 

※これは私の場合の話なので、もちろん1袋分飲んでもOKです。

 

モリモリスリムのお試し(380円)

↓↓↓

コリン性蕁麻疹

http://sukkiri-life.com/

 

 

…ということで、コリン性蕁麻疹の改善において、私が一番大事だと思うのは、便通を改善して毒素を溜め込まないようにすることです。

 

 

 

睡眠時間の確保

 

コリン性蕁麻疹

私は、コリン性蕁麻疹の症状が酷かったときは、1日4〜5時間くらいしか寝ていませんでした。

 

なので、それを改善するために、意識的に7〜8時間寝るようにしました。

 

どうしても難しい時でも、最低でも6時間は確保することを心がけました。

 

ちなみに、睡眠時間を確保しているのにコリン性蕁麻疹が出てしまう人は、「睡眠の規則正しさ」も見つめ直すと良いかもしれません。

 

私も以前、夜勤気味のシフトになった期間があったんですが、しっかり寝ているにもかかわらず、症状が酷かったことがあります。

 

また、規則正しい睡眠が取れているという人の場合、おそらく睡眠不足は原因ではないと思います。

 

なので、他の要因(腸内環境やストレスなど)を改善してみてください。

 

ストレスの排除

 

コリン性蕁麻疹

私は以前は、職場でもかなりストレスを溜め込んでいましたが、海外出張の1ヶ月間は、本当にストレスフリーな生活でした。

 

上司からの詰められることもなく、仕事時間もある程度自分で決めれましたから、本当に気持ち的に楽でした。

 

そのお陰もあって、コリン性蕁麻疹の症状が改善したのではないかと思っています。

 

ただ、日本に帰ってきてからは、また職場でストレスを溜め込んでしまう可能性があったので、意識的にストレス発散の時間をもつようにしました。

 

また、自分でしなくても良いことは、しないようにして、極力ストレスを減らす努力をしました。

 

今でもたまに、ストレスを極度に感じるようなことが続くと、多少痒みが出てしまう時があります。

 

まとめ

コリン性蕁麻疹

ということで、私の体験談や、私が考える治し方をお伝えしましたが、少しでも参考になれば幸いです。

 

私は運良く、海外出張をきっかけに自分なりの気付きがあって、完治まで至ることができました。

 

ただ、私のやり方で全ての人が改善できるかと言われると、そこまでの自信はありません。

 

でも、もし私の体験談を通して、コリン性蕁麻疹の苦しみから1人でも解放される人がいれば嬉しいと思い、このサイトを立ち上げました。

 

取り入れられるところだけでも、試してみてほしいと思います。

 

最後に簡単にまとめると、コリン性蕁麻疹を治すために必要なのは、

 

1.腸内環境の改善(便秘の改善)
2.睡眠時間の確保
3.ストレスの排除

 

の3つだと、私は考えています。

 

ちなみに、優先順位としては、上から順番に重要度が高いです。

 

ストレスに関しては、自分だけではどうすることもできない部分もあるので、まずは便秘の改善と睡眠時間の確保を試してみると良いかと思います。

 

ちなみに、便秘改善で紹介したモリモリスリムは、個人的には本当にオススメできます。

 

韓国でキムチを食べていた時よりも、モリモリスリムを飲む今のほうが便通が改善されています。

 

モリモリスリムのお試し(380円)

↓↓↓

コリン性蕁麻疹

http://sukkiri-life.com/

 

※私流の飲み方

 

上記でも説明しましたが、私としては1日半袋分でOKです。
1杯作って、それを2日で飲んでください。

 

飲むタイミングは人によりけりですが、私の場合は夕食後に毎日飲んでいます。

 

そうすると、翌日の午前中に排便がありますし、日によっては1日2〜3回あります。

 

これを数年継続していますが、コリン性蕁麻疹の症状は明らかに改善しました。

 

 

コリン性蕁麻疹は、症状が酷いにもかかわらず、周囲からはあまり理解されない苦しみがあります。

 

私自身も、「なぜ自分だけが?」「何が原因なんだ!」と苦しみ、仕事をやめないといけないのではないか、普通の生活が一生できないのではないかとさえ思いました。

 

でも最終的には、完治するにまで至ることができました!

 

私自身、私のような完治経験を持った人に出会っていれば、もっと早く改善していただろうなーと思います。

 

そういうこともあって、私の体験談を赤裸々に話させてもらいました。

 

ですので、少しでも参考にしてもらえると嬉しいです!